翔子のチャレンジシリーズNo.1/福島県・・・三春グルメンチ

三春グルメンチが出来た由来・・・

これは、福島県三春町商工会のみなさんが試行錯誤して作った、愛情がたっぷり詰まったメンチカツ。三春町には、三春滝桜などの観光地があります。
福島県内外から観光に来てくれた方に三春町でしか食べれないものを提供できないかと考え、B級グルメを作ることになったのだそうです。
メンバーで話し合った結果、手軽に食べることができて、イベントなどでも提供しやすいという点から決まったようです。色々なメンチカツを食べ比べ、どのような味にするか何度も話し合いを繰り返した中身に味付けをし何種類もの味を試して、一番おいしかったものがピーマン味だったんそうです。

三春町は、ピーマンの生産がが有名との事です。
皮が薄く、やわらかいことが特徴のとってもおいしいピーマン。
そんなことから三春グルメンチは、ピーマン味に決まったようです。

味付けもされているので、ソースなどを付けなくてもそのままでおいしく食べられます。
ピーマンの苦手なお子さんも、これなら食べることができるようです。

では、材料とレシピのご紹介!!

<材料/4人分>
・豚ひき肉250g
・玉葱250g(小1.5個)
・人参 
・ピーマン2〜3個
・卵(全卵)1個
・パン粉 適量
・塩小さじ1.5
・こしょう少々
・ケチャップ大さじ 1
・しょうゆ 大さじ1
・ウスターソース 大さじ1.5
・薄力粉0.5カップ
daikidaiki
< レ シ ピ >
@玉葱と人参をみじん切りにする。
Aピーマンを賽の目切りにする。
B先にAを少々油で炒め香りを出す。
C次に@を油で中火できつね色になるまでじっくり炒める。(甘みを出す)
Dボールにひき肉・@・A・卵・調味料を入れて捏ねる。 パン粉を軽くひとつかみほどボールに加えて硬さを調節する。 手でつかむと崩れてくるくらいのゆるさ。 8等分して小判形に整える。
E★の材料で、衣をつける。 まずタッパに卵を割りきちんと掻き回す、次に薄力粉→卵液→パン粉と順につけていく。
F油でカラリとあげる。 コロッケなどよりは低めの温度で、じっくりと揚げる。 真ん中がふっくら膨らんで、箸で押した時に硬くなっていれば揚げ上がり。
Gふっくら揚がりましたら出来上がり♪
※何も付けなくてもOKですが、お好みで「お醤油ややソース」をどうぞ。
123
123

< ま と め >
レシピの手順にも記載しているように、最初にピーマンを軽く炒めているので、野菜本来の甘みや香りが出ていたと思います。炒めた事で独特の「苦み」や「くさみ」が抑えられるので、ピーマンの苦手な子供達にもオススメしたい一品です。

ここまで見て下さった皆様、ありがとうございました。
始まったばかりの企画で、自分自身まだまだ未熟な面も沢山ありますが、出来るだけ分かりやすく、ご当地料理を載せていけたらと思います。
これからも応援宜しくお願い致します。

戻る

ラーメン大喜/ 翔子のチャレンジシリーズ(福島県)2016.2.13完成