翔子のチャレンジシリーズNo.31/茨城県・・・納豆(稲荷寿司・天ぷら・アイス)

納豆(稲荷寿司・天ぷら・アイス)の由来・・・

平安中期の『新猿楽記』の中で「精進物、春、塩辛納豆」とあるのが初見で、ベストセラーになったことにより、納豆が広まったとされている。近年では「納豆時に医者要らず」という諺があるように健康食品としても注目を集めている。7月10日が「納豆の日」とされている。

チャレンジした理由
茨城県と言えば納豆!!なので即決定致しました。
しかし今回は納豆を使った珍しい料理を3品作りたいと思います。

<材料>

@納豆・・・2〜3パック
A稲荷・・・3枚
B葱・・・一本
C大葉・・・3枚
Dご飯・・・適量
Eアイス・・・適量
F小麦粉・・・少量

daikidaiki
< レ シ ピ >

@納豆をボールに入れて付属のたれといっしょにかき混ぜ(全て)3つに分ける。
A大葉と葱はみじん切りにし、@の一つに混ぜる。
BAを小麦粉を加えて混ぜ、そして油の中に一口サイズにすくって落とし、きつね色になったらあげる。
C稲荷はご飯を入れその上に@をのせる。(トッピングに大葉を振り掛ける)
Dデザート皿にアイスを適量のせ、そこに@をのせる。
(上からきな粉や黒蜜を掛けると良い)

補足
納豆の天ぷらは塩をふりかけたりポン酢などにつけて食べるとより一層美味しいです。

123
123
123
123

< ま と め >
今回は納豆尽くしでしたが思ったより納豆感がありませんでした。
逆に納豆の苦手な方にお勧めの料理だと思います。特に天ぷらとアイス。
アイスに関しては私も恐る恐るでしたが、思いっきり混ぜると納豆感が無くなりトルコアイスの強いネバネバで美味しかったです。皆さんも是非試してみて下さいね。

戻る
ラーメン大喜/ 翔子のチャレンジシリーズ(茨城県/納豆尽くし)2018.2.25完成