翔子のチャレンジシリーズNo.29/高知県 土佐清水市・・・ペラ焼き

ペラ焼きの由来・・・

高知県土佐清水市のご当地グルメ。小麦粉と卵を水で溶いた生地を薄くのばし、ネギとじゃこ天をのせて焼いたお好み焼きに似た料理。

チャレンジした理由
高知県を調べていたら偶然見つけ、美味しそうで興味を持ち決定致しました。

<材料>

@中力粉・・・1カップ
Aネギ・・・1束
Bじゃこ天(ナルト)・・・適量
C卵・・・1個
Dソース・・・適量
E胡椒・・・少量
F出汁の素・・・少量
G水・・・(クレープ生地位の緩さまでゆっくり入れる)

daikidaiki
< レ シ ピ >

@中力粉に出汁の素を入れ水で溶いています。(卵は入れません)
緩めに作ります。(クレープ生地位の緩さ)
Aネギ、じゃこ天は小さく切ります。
Bホットプレートに生地をよく混ぜ薄くひきます。
CBに胡椒を振り掛けます。
DCにAをのせます。
EDに再度、上から生地を掛ける。
F別の容器に卵を一個割って溶き、生地を少し加えて混ぜます。
GFを上からかけます。ネギやじゃこ天となじんで少し固まったらソースを掛けひっくり返す。
H焼き目が付いたらもう一度ひっくり返してソースを塗ります。
 さらにもう一度ひっくり返せば完成です。

123
123
123

< ま と め >
今回も初のペラ焼きと言う料理でしたが試食して頂いた方や家族からは高評価でした。
外側がカリッ、中心はもちっとした食感でアツアツなのが良かったと思います。
ただ、出汁の素と胡椒の入れ過ぎと最後のマヨネーズが少量で良かったかなぁと思いました。
おつまみにも合いますので是非、作ってみて下さい。

戻る

ラーメン大喜/ 翔子のチャレンジシリーズ(高知県/ペラ焼き)2017.12.27完成