翔子のチャレンジシリーズNo.35/大阪府・・・かすうどん

かすうどんの由来・・・

「かすうどん」と聞くと天かすのイメージがあると思いますが、
細かく刻んだ“牛の小腸(ホルモン)”を油で揚げたもので“油かす”と呼びます。
肉の旨みが凝縮され、尚且つコラーゲンもたっぷりな油かすを具材にし、
スープで煮込んだものが「かすうどん」です。

チャレンジした理由
最近、近くにKASUYA(かすや)店がオープンし気になり調べた結果、
大阪府のグルメだと分かり決定致しました。

<材料>

@うどん・・・4玉
A油かす・・・2個
B青ネギ・・・適量
C天かす・・・適量
D水・・・1200cc
E白だし・・・120t
F麺つゆ・・・大さじ2

@胡桃をフードプロセッサーにかけて細かくする。粒が胡麻ぐらいの大きさになったら、胡麻も加える。さらに挽いて細かくする。
A@をすり鉢に移し、●の材料を順に加えながらなめらかに擦るで完成。

白米・・・4合
五平餅のたれ・・・全量
割り箸・・・4本
魚焼きグリル・・・絶対必要

daikidaiki
< レ シ ピ >

@水、白だし、麺つゆを鍋に合わせ沸騰させる。
Aネギを刻む。
B油かすは薄めに切る。
C@にBとうどんを入れて2、3分煮込む。
D火が通れば器に盛りAと天かすをトッピングして出来上がりです。

補足
油かすを鍋で煮込む時、生姜を入れるのもポイント。

123
123
123

< ま と め >
油かすを食べると口の周りが意外に脂ギトギトになるので、嫌な方は、鍋に入れる前に一度炊く事をお勧めします。
ただ、スープの味が個性的で人によって好き嫌いが分かれるカモしれません。


戻る


ラーメン大喜/ 翔子のチャレンジシリーズ(大阪府/かすうどん)2018.6.28完成