翔子のチャレンジシリーズNo.42/鳥取県(西部・米子市)・・・春雨茶わん蒸し

春雨茶わん蒸しの由来・・・

一説によると、昔、卵がまだ高価であった時代に、卵料理である茶碗蒸しの量を増やすために
春雨を入れたのではないかと言われているそうです。

チャレンジした理由
鳥取県の郷土料理を調べていたら、見つけ決定いたしました。

<材料>

@だし汁・・・300ml
A酒・・・小さじ1/2
Bみりん・・・小さじ
C醤油・・・小さじ2
D卵・・・1個
E春雨・・・1個
Fしいたけ・・・1から2枚
Gかまぼこ・・・4枚

daikidaiki
< レ シ ピ >

@ボールに、だし汁、酒、みりん、醤油を合わせて置く。
A別のボールに卵を割り白身を切るように溶きほぐす。
Bしいたけは石づきを切り落としスライスに切る。
C@とAを合わせて混ぜ、さらに網を通してなめらかにする。
D器にしいたけ、かまぼこ、茹でた春雨を入れ、Cを静かに注ぎ入れる。表面の泡を取り除く(ここでは炎を使って泡を消しました)。
E湯気の上がった蒸し器にDを入れ、蒸し器の蓋をして強火で1〜2分、蒸し器の蓋を少しずらして弱火で10〜15分蒸す。
(そっと揺らし、全体にかたまっていたらOK)で、完成です。

123
123
123

< ま と め >
茶碗蒸しに春雨という斬新な組み合わせで食するのがワクワクしました。
茶碗蒸しの塩味が春雨に絡んで美味しかったです。
小腹がすいた時におススメです。


戻る


ラーメン大喜/ 翔子のチャレンジシリーズ(鳥取県/春雨茶わん蒸し)2019.3.1完成