翔子のチャレンジシリーズNo.15/山形県 山形市・・・冷やしラーメン

冷やしラーメンの由来・・・

山形県の名物「冷やしラーメン」初代店主專四朗が昭和二十七年の夏に
まったくの無から試行錯誤の末に作り上げた新感覚の山形冷やしラーメン。栄屋本店と言う。
スープに氷を浮かべていただくのが特徴、油が固まらず、氷が融けても味や風味は変わらない。

理由
今回はマスターからの提案(リクエスト)で丁度、元祖山形県に行く予定もあり、冷やしラーメンの元祖と言われている。
栄屋本店に行ってまいりました。
結構ひんやり、後味がさっぱりしていて暑い山形県には最高のラーメンだと思いました。
では、その冷やしラーメンを再現して行きましょう。

<材料/1人分>

材料
@麺・・・100g
Aスープの素・・・
(醤油、ブイヨン、ごま油、等々)
B冷水・・・240cc
C氷・・・3〜4個
Dトッピング等
ゆで卵、メンマ、叉焼、ネギ、胡瓜、ゆでたモヤシ、等々

daikidaiki
< レ シ ピ >

@鍋に水を入れ沸騰させ、麺を入れゆで上げます。(ゆで時間約8〜9分間)
A@がゆで上がりましたら、ザルに移し、冷水でよく冷やし水を切ります。
B丼にスープの素と冷水(240cc)を入れ薄め、よくかき混ぜます。
CBによく冷やしたAを入れ、ラーメンに欠かせないトッピングをします。(*材料を参照)
D最後に上から氷をトッピングすれば完成です。

補足
amazon様でも冷やしラーメンのパック(即席)を購入出来ます♪
簡単に挑戦できるのでおススメです。

補足
今回のレシピは一番シンプルで基本的な醤油の味付けと卵に致しました。
これから、もう少し栄養を付けたい場合は、数の子やおろし生姜などを入れると良いでしょう。
また違った食感や味になり夏バテ防止にもなります♪

123
123
123

< ま と め >
今回はまず、初めに冷やしラーメンの元祖と言われている栄屋本店に行くことが出来、そのラーメンを食べられた事がとにかく良かったです。
山形県も暑かったですが今の残暑の厳しい時期には本当に持って来い!!の料理でした!!!
見た目は、ごま油が結構注がれていて、くどく感じたのですが、それが逆にさっぱり感を出しているようにも感じました。
今年残り僅かの暑い時に是非是非、こちらの冷やしラーメンを作ってみてはいかがでしょうか。

戻る


ラーメン大喜/翔子のチャレンジシリーズ(山形県山形市・・・冷やしラーメン)2016.8.23完成